横浜市瀬谷区の保育園・幼稚園両方の機能を持つ幼保連携型認定こども園学校法人平成学園 はら幼稚園

おたらちゃんとは?おたらちゃんとは?
認定保育園はらのこ はらようちえん認定保育園はらのこ はらようちえん
HOMEHOME

在園児向けページ在園児向けページへTEL:045-391-0534045-391-0534

menu

認定こども園とは?

保護者の方が働いているかいないかに関わらず、子育てを社会全体で支えていける仕組み作りをめざし、教育・保育を一体的に行う施設のことです。幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っているので保護者の方にとっても安心です。また、子育てに悩む保護者の皆様の相談の場や、集いの場としてもご活用いただけます。

認定こども園のポイント

1:就学前の子どもに幼児教育・保育を提供する施設

保護者が働いている、いないにかかわらず受け入れて、教育・保育を一体的に行う機能

2:地域における子育て支援を行う機能

すべての子育て家庭を対象に、子育て不安に対応した相談活動や、親子の集いの場の提供などを行う機能

 

認定区分について

内閣府では、教育・保育を利用する子どもについて、3つの設定区分を設けています。

認定区分対象となる子ども利用できる主な施設・事業
1号認定満3歳以上の就学前の子ども
(2号認定をのぞく)
認定こども園
幼稚園
2号認定満3歳以上で保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする子ども
※「保育の必要性の認定」を申請する必要があります。
認定こども園
保育所
3号認定満3歳未満で保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする子ども
※「保育の必要性の認定」を申請する必要があります。
認定こども園
保育所
地域型保育
 幼稚園保育園認定こども園地域型保育事業等
教育利用
<朝~昼過ぎ>
保育利用
<朝~夕方>
満3歳以上
1号認定
2号認定
満3歳未満3号認定

※認定こども園についてさらに詳しくは下記のホームページをご参照ください。


 

当園の特徴

認定こども園にはいくつかの形態があります。その中で当園は「幼稚園型」の認定こども園です。
「保育をする」というだけではなく、幼稚園という教育をするための環境が万全に整っていることを神奈川県および横浜市に認定された園が当園です。

入園されたお子さまは認定資格のランクに関わらず、同じ内容のカリキュラムを受けていただきます。そのため、従来の保育園では制度上難しかった「保育のお子さまに幼稚園型カリキュラムを受けていただく」ことが可能となりました。

  • 1号認定

    満3歳以上の就学前の子ども

  • 2号認定

    満3歳以上で、保育を必要とする子ども

  • 3号認定

    満3歳未満で、保育を必要とする子ども


どのお子さまも同じカリキュラムで楽しくお過ごしいただけます!

手続きについて

1号認定2号認定3号認定
入園申し込み当園に直接ご出願ください。区役所にご出願ください。
※ 在園児に限ります
区役所にご出願ください。
開所時間7:30-18:307:30-19:307:30-19:30
延長保育時間18:30まで可能
(「あずかり保育」扱いとなります)
18:30-19:30
(別途有料)
18:30-19:30
(別途有料)
土曜保育
バス×
給食
夏季・冬季預かり保育として可能
保育料市町村が定める保育料所得に応じて変動所得に応じて変動
預かり保育14:00-18:30で可能
(所得に応じて変動)
×(標準対応のため)×(標準対応のため)

利用手続きの流れ

1号認定については、園に直接申請が可能です。
2号認定については、まず1号認定としてご入園ください。その後に申請手続きが可能になります。詳しくは園にお問い合わせください。

3号認定については、市区町村に支給認定の手続きが必要となり、ご家庭の所得状況や家庭状況などから判断し、「支給認定証」が交付されます。保育を受ける必要性が高いと認められる子どもを、市区町村が優先して調整をします。
支給認定というと難しそうな響きですが、認可保育園などの入園申し込みと同時に申請ができるので、手続きや流れはこれまでと大きくは変わりません。


見学のお申し込み
ぱぴぃクラス はらっこランド 園庭開放 一時保育
園長ブログ 採用情報 卒園生の皆様へ 写真購入


はらようちえん 〒246-0025
横浜市瀬谷区阿久和西 3-36-6
TEL:045-391-0534
FAX: 045-391-0654